« 空と曼珠沙華☆2008.09.27 | トップページ | 久しぶりの青空☆ »

賢者の書☆喜多川 泰 (著)

仕事も家庭も思うようにいかず人生に絶望していたアレックスは、

ある日公園で、少年サイードと出会います。

サイードは9人の賢者と出会う旅を続けており、

最後の賢者と出会うため、この公園に。

アレックスは、少年が旅で出会った賢者達から学んだ内容が書かれた『賢者の書』を読ませてもらいます。

そして 最後にとても大切なことに気付きます。

人生をやり直すのに遅すぎることはないと・・・・

私もいろいろな自己啓発の本を読んで来ましたが

この本には本当に大切なことが 本当にわかりやすく簡単に書かれています。

恐らく、この本を読めば

自分の中の「幸せ」に

また、どうして今、自分が「幸せでないのか」に気付くと思われます

今 幸せな方も またそうでない方も・・・是非!

お子様にもおすすめな1冊です

|

« 空と曼珠沙華☆2008.09.27 | トップページ | 久しぶりの青空☆ »

おすすめの本・DVD・映画☆」カテゴリの記事

コメント

こんにちは
けいこ先生は、本読まれるの速い
私は、本でなくて、初心者用のアロマセットをやっと買いましたぞ
所でところで、精液を薄めればそのままスプレーで体に吹きかけても大丈夫とたしか、けいこ先生おっしゃってましたよね(もの忘れ激しくて)どのくらいに薄めるのでしたっけ?消臭剤かけてもいいのですがネェカレイ臭いっぱい(笑)

投稿: 局 | 2008年10月 3日 (金) 15時47分

局さん こんばんは

そうですね~
好きな本は、すぐに読み終えてしまいます

難しい本は並行読みしているため、かなり時間がかかります。
今、他にも3冊ほど読んでいて。
あと、これからまた 2冊ほど読む予定です(笑)

アロマセット 買われたのですね!
おめでとうございます

アロマで癒されてくださいね☆

それから・・・出来れば、精油(せいゆ)、エッセンシャルオイルという呼び方の方が良いと思います

ちなみに、本来は計算式があるのですが。
気分転換用として使う場合は、ほのかの香る程度の方が心地よいと思われるため・・・
50CCボトルに1~3滴でいいと思いますよ

通常は無水エタノールなどを入れるのですが、入れ無い場合は、1~2日で使い切るようにしてくださいね

また、消臭剤としても使えますよ!
その場合は、ペパーミントやレモン、グレープフルーツなどがおすすめです!
あと、直接身体につけないため、濃い目に作っても大丈夫ですよ!
50CCボトルに15~30滴入れても、問題ないですよ☆

アロマの化粧水の説明、少し詳しくこちらに書きました

http://keikonoyume999.seesaa.net/article/107524574.html


投稿: 管理人 けいこ | 2008年10月 3日 (金) 18時21分

ありがとーございます

投稿: 局 | 2008年10月 3日 (金) 20時13分

(_ _).oO
化粧水つくってみました。ありがとうございます。ローズマリーとレモンとペパーミントの三本初心者用ペパーミントがだめだー食べるのならかまわないのに(笑)
私は朝、一番に思うことは、今日は何曜日です(笑)

投稿: 局 | 2008年10月 5日 (日) 01時10分

良かった・・・.
精油の解説がなかったら,「恵子の旅・・」の書き込みと一緒のように『局』さんが変身したのかと・・・.

書き込みを控えていました.
やっと,理解できて一安心.

最新の「空」に書き込みしょうと思ったのですが,ここで,解決しておかねば,変に引き継いでもおかしいし・・と敢えて,戻ってきました.
それにそろそろ,コメント一覧から"ryu"が消えてしまいそうだったので.

とりとめのないことを書いてみました.

投稿: ryu | 2008年10月 6日 (月) 13時34分

局さん こんにちは

確かに・・・今日は何曜日もありですね(笑)

ローズマリーとレモンとペパーミントですか~
それはちょっと厳しい香りですね

ローズマリーもきつくなかったですか?
大丈夫でしたか?

リラックスではなくて、元気が出る組み合わせの3本セットのようですね

投稿: 管理人 けいこ | 2008年10月 6日 (月) 15時50分

ryuさん こんにちは

精油の解説がなかったら、「恵子の旅・・」の書き込みと一緒になっていましたね(笑)
私も一瞬、ドッキリしました(笑)

本当だ・・・ryuさん以前の分、消えてしまいましたね。

再び、いらっしゃいませ


投稿: 管理人 けいこ | 2008年10月 6日 (月) 15時55分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 賢者の書☆喜多川 泰 (著):

« 空と曼珠沙華☆2008.09.27 | トップページ | 久しぶりの青空☆ »